Top Page > ・スゴい中国人 > 少林寺の铁裆功
中国語学習 覚え書き
tiě dāng gōng
铁裆功 ティェ ダン(g) ゴン(g)



鉄股功

昨日、中国の少林寺の学校の番組を見ていたら
铁裆功(ティェ ダン(g) ゴン(g))を
紹介していました。

番組では"鉄蛋功(ティエダンゴン)"と書いていましたが

少林寺の股間を鍛える技術のことです。

tiedanggong1109A.jpg

この少林僧、なかなかのどや顔です。
...(◎続きを読むに続く)


[PR]ムエタイ用急所ガード
WINDYムエタイ金的 APT M レッド
ランキングに参加しています:中国語ランキング
[ここから◎続きを読む]


"铁裆功(ティェ ダン(g) ゴン(g))"の"裆(ダン(g))"は"股"の意味です。
"蛋()"は卵のことですが、"卵状"のもののことでもあります。
この場合は睾丸のことです。

この部位は武術者でなくても知られている男性の急所です。
実は私も食らったことがありますが、
顔面は蒼白になるし、脂汗というか冷や汗というか妙な汗は出るし、
15分ほど身動きができませんでした。



...急所でなくても痛そうです。

百度百科によると、もともと、"铁裆功(ティェ ダン(g) ゴン(g))"は
急所の耐性を高めるというより
性的能力を高める健康増進法だったと
説明されていましたが、
お坊さんにその必要があるのかどうなのか、
ちょっと疑わしいです。

こちらは修行中の風景。
おもりをぶら下げています。

tiedanggong1109C.jpg


たぶん、こちらは铁裆功の達人。



隠していない動画を見ましたが、インチキではなさそうです。
...でも相当ビヨーンとなってて痛そうでした



[PR]急所打ち方いろいろ
【送料無料選択可!】カンフー直伝 急所打ち (単行本・ムック) / 青木嘉教/著
ランキングに参加しています:ブログ村 中国語
[妈麻马骂のおススメ記事]
中国:下着ブランド"健将内衣">>
中国の何かの専用の刀>>
[参照]
和讯论坛
alivenotdead.com

[PR] 台湾語・中国語の翻訳
テーマ: 中国語   ジャンル:学問・文化・芸術
タグ : びっくり 中国武術

コメント
この記事へのコメント
そう、
「玉」というより「卵」ですね。
苦痛・・・
2011/09/08(Thu) 09:50 | URL  | 瑞希 #y3u42qVE[ 編集]
だから~チャイニーズの皆さま^^
どーーーしてそんなにアンユージュアルなことを
されるのでしょうかね?普通の拳法でお願いします。笑
いやぁ~参った!
2011/09/08(Thu) 13:12 | URL  | みどり #RQDaRuwI[ 編集]
皆様コメント谢谢!
>瑞希さん
ニィハオ!瑞希さん。
確かに卵型です。
でも、"金"はどこから来たのでしょう...


>みどりさん
様々な間隙を見つけて立身しなければならないのが
中国なので、何でも試して駄目ならすぐ止める。
そんな国だと聞いています。
コメント谢谢~
2011/09/08(Thu) 22:57 | URL  | 妈麻马骂(マァマァマァマァ) #stf36GzI[ 編集]
そもそも
少林寺拳法に限らず、○○拳法という類は皆、
我が身を守るための術を身に付けるわけですよね。
だったら兎にも角にも急所を鍛えなくてはなりませんよね。
(まじめなコメントですからね。念のため)

かっこよく跳び蹴りしたりー、アッパーとかストレート
(少林寺用語がわからん)を食らわしても、股間に一撃
されて、ハイ終了。じゃ、なんだかなーですものねぇ。
うん、これはやはり鍛えねばなりませんね。

でも、あんな風に”ぶら下げる”しか鍛える方法はないのかな。
板の上に置いて竹刀で叩くとか、火であぶるとか・・。

ぶら下げたものを自分の意志で持ち上げるとかしないと、
ただ伸びていくだけ・・のような気がしなくもないです。
2011/09/13(Tue) 16:27 | URL  | ミマ #dvUYBDnY[ 編集]
>ミマさん
コメント谢谢~
急所って鍛えようが無い場所でもあると
聞いたことがありますが、股間を打たれても
平気だって言うのは私はちょっと信じられないです。

铁裆功の鍛錬法にはもちろん、
打ち付けるというのもあります。
でも、おっしゃる通り、ぶら下げるのは
鍛錬法として成立するのかは疑問ですね。
あっ!...のばして急所の位置を変えてたりして...

コメント谢谢~
2011/09/14(Wed) 00:28 | URL  | 妈麻马骂(マァマァマァマァ) #stf36GzI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック