Top Page > 2009年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fuzi08.gif

先週の金曜日はいつものL老師がお休みで
ピンチヒッターのT老師が教えてくれました。
授業で、テキストにあった
下記のフレーズのところ、

ni3 kan4 jian4 he2 zi3 le ma?
你看见和子了吗?

あなたは和子さんを見ましたか?

"看见"は両方とも見るという動詞で
この場合は"看到"と同じ意味だそうです。
面白いのはそのあとの解説で、
聴くときは"听见"というそうです。

ni3 ting1 jian4 he2 zi3 le ma?
你听见和子说话了吗?

あなたは和子さんの言った話が聞こえますか?

この場合の"听见"も"听到"と同様です。

そこで私は老師に質問しました。
"听见"の場合の"见"も見るの意味があるのですか?
すると先生は「無いです。」
と言いながら
「どうしてないかはわかりません。
これには語学的な研究が必要ですね…」
とおっしゃいました。

以前、逆にL老師が日本語で
同じようなことに
触れたことがありました。

どうして"小さい"の"小"の字を"お”と
読むことがあるの?
"お"って言いたいなら"大"のほうが
適切でしょう?

小川・小木・小倉・小田・小野・小原・・・・・・"お"と読むもの
小石・小梅・小鬼・小顔・小西・小原・・・"こ"と読むもの
…と言うのです。

言われてみれば何故なのか
私にははっきり説明できません。
理由はあるのでしょうけど。
多分、ずっと前に、何かの流行か
何かがあったかで、慣習的になって
いったのでしょうね。

中国語は感じはだいたい読み方は
ひとつなので、特に、この現象は
無意味に感じるのかもしれません。

スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳
テーマ: 中国語   ジャンル:学問・文化・芸術
タグ : 中国語学習


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。